キッチンリフォームの費用|騙されない相場目安はコレだ!

キッチンリフォームの費用|騙されない相場目安はコレだ!

使い手の「欲しい」を詰め込んで、どんどん美しく、どんどん使い勝手がよくなるシステムキッチン

yellowkitchenシンクもワークトップもガスコンロも汚れにくく、汚れても掃除がすごく簡単。キャビネットは開き扉から引き出し型が標準になり、収納量が大幅アップしただけでなく、取り出しやすく片付けやすくなりました。

また、ワークトップに使われるステンレス人造大理石傷がつきにくく長持ちする材質になってきています。
気になるのがリフォームの費用
新しいシステムキッチンに取り替えるには、50万~110万円ぐらいかかる場合が多いですが、コンパクトキッチン部分リフォームならそれ以下から可能。一方で、内装も一新して200万円以上かけるリフォームも珍しくありません。

電卓
日本で一番使われている間口(横幅)255cmの最もベーシックなタイプの場合、システムキッチン機器代金配送工事費等を併せた一般的なリフォーム総額60万円台から。

カタログ価格の比較で困るのは、メーカーやリフォーム業者によって、システムキッチン機器本体の割引率がバラバラであること。設置工事のどんな工程がいくらぐらいかかるのかが見えにくいこと。

ところが、キッチンの機器代金配送代リフォーム工事費用等合計すると、同じようなグレードであれば同じぐらいの価格帯に収まっていることがわかってきます。

キッチンリフォームの相場費用を知るために、当サイトでは、大手キッチンメーカー数社のシステムキッチンのカタログ価格と、キッチン交換でかかる最低限のリフォームの総費用をリストアップして比較してみました。

 

まず、次のページでは、人気の大手メーカーのうち6社を比較してみました。リフォーム業者が同じ条件で基本的な設置工事を行った場合を想定して比較しています。

キッチンメーカー6社の比較ページに移動します。

次に、リフォーム業者を指定して自社製品を直販しているニトリサンワカンパニーをチェック。この2社は配送や設置工事にかかる費用の内訳を表示しているので、ここから見えてくるものがあります。

リフォーム業者を指定しているニトリやサンワの場合は、基本工事費等の条件が先に上げたメーカー各社の場合と少し異なるのでそのまま比較はできませんが、同じグレードであれば大体、同じ価格帯の総費用になるというのは見て取れます。

ニトリやサンワの例も参考にしながら、一般的にキッチンのリフォームにかかる配送・設置工事の相場の内訳をもう少し詳しく提示してみました。
リフォーム費用というのは安ければいいというものではなく、作業をしてくれる人と信頼関係が築けるかどうかが長期目線で重要になってきます。すでにキッチンの機器代金で目一杯割り引いてあるような場合、むやみな値引き交渉は職人さんたちの人件費を圧迫し、満足な仕事ができない場合も出てきます。

見積もりで内訳を提示してもらい、相場と大きく外れていない場合は、納得して受け入れることができるように、現場の声を拾って数字を並べていますので、参考にしていただければと思います。