1. キッチンリフォームの費用TOP
  2. 今どきのキッチンはここがすごい!
  3. ≫収納力で選ぶシステムキッチン - フロアキャビネット編

収納力で選ぶシステムキッチン – フロアキャビネット編

システムキッチンの収納力&名称

この20年で、システムキッチンで一番大きく変わったことの一つは収納力でしょう。LIXILでは従来製品に比べて1.5倍の収納量(床面積)になったとのことですが、どのキッチンメーカーでも概ね5割はアップしているはず。

これは、開き扉収納から、引き出し型収納に変化したことが大きな理由。キッチンに限らず、腰から下が引き出しになっているキャビネットを使ったことがある人は、上から一覧できる引き出しがどれほど便利か実感していると思います。

引き出し収納

かつては大きな鍋や買い置きのビールをキャビネットの一番下に入れておくなど考えられませんでした。またお玉やターナーが上手く引き出しに入らなければ、壁にぶら下げてましたが、pans使用頻度の少ないものは簡単にホコリがついてしまったりしました。

でも、通常の調理道具や大きめのスクエアまな板、鍋料理の鍋もいまのシステムキッチンだとすっぽり入ってしまい、取り出しも簡単。食器棚が1つぐらい要らなくなるかもしれません。

使用頻度と取り出しやすさを考え抜いた各社のシステムキッチンはどれもすごく魅力的です。収納方法がキッチン選びの決め手になる人もいるかもしれません。

すぐ取り出したい長いものは扉のすぐ裏へ

扉裏の縦収納お玉や木べら、ターナーなど、毎日のお料理で使う道具や大瓶に入った油や醤油をキャビネットの中にしまいこむと、毎回引き出しを引くことになります。このときのからだへの負担を下げるため、各メーカーとも様々な工夫を施しています。

まず、そうした背の高いものは立てた状態で、キャビネットの一番手前に入れられるようになっていたり、調理スペースの一番上の引き出しに奥行きを持たせて、無理なく寝かせて入れられるようになっています。

扉のすぐ裏にある食用油や醤油の大瓶や包丁などは、開き扉時代のコンロ下やシンク下の感覚のまま使えそうですね。

クリナップ うきうきポケットクリナップのうきうきポケットでは、一番手前に縦に入れている調理道具やラップなどが、キャビネットの取っ手を引き出すと同時に10cmぐらい浮き上がります。しまうときは自動的に元の位置に下がります。これで、使用頻度の高いものを取り出すときの姿勢が楽そうです。

LIXIL らくパッと

LIXILのリシェルSIの自慢はらくパッと収納。キャビネットの引き出しをより小さな力で引けるように、取っ手のついた面が少し手前に傾きます。こうすることで、取っ手のすぐ裏に立ててある調理道具や調味料は、引き出し本体をほとんど引き出すことなく取り出せます。

LIXIL ドアポケット

LIXILのシエラでは、らくパッと収納が付いていなくても、マジックドアポケットをオプションで選ぶと、似たような機能がついてきます。

 

LIXIL ロングスライド引き出しまた、LIXILのアレスタは、コンロの隣の調理スペースキャビネットのてっぺんの引き出しが奥行き50cm以上になっていて、長い調理道具が楽に寝かせてしまえるようになっています。(Panasonicでは、フロアキャビネットすべての奥行きが、一般より深く、特にリビングステーション L-クラスでは57cmもあります。)

TOTO収納TOTOのミッテなどに見られるように、調理スペースキャビネットベースユニット)の上段には、サラダ油などの大型ボトルを入れるようにした設計もありますが、こうすることでコンロ下の引き出しより天板に近く位置から楽に取り出せます。

 

 

引き出しの中のデッドスペースを有効利用する内引き出しやパレット

引き出しの手前に背の高いものを集めてしまうと、その後ろはコンロ側なら鍋やフライパン、シンク側ならボウルやバット、その他、保存食の容器など背の低いものが並ぶことになります。rakueraフォローパレット

ここに、前後か左右に動かしたり、必要なときだけ取付けられる可動型の棚があれば、デッドスペースになる場所も収納に使えます。

クリナップのラクエラはフォローパレットと呼ばれる菜ばし・カトラリー用の内引き出し、クリンレディの場合は内引き出しはシンク側にスライドボックス、コンロ側には背の低い鍋類を2段に収納するためのステップボックスcleanupステップボックス

TOTOやLIXILの場合も、上の写真で見えているように、キャビネットの奥のスペースを内引き出しやパレットで活用しています。

基本的に、パレットは必要に応じて着脱可能になっています。

使用頻度が低い大きい鍋やビールも入ってしまう足元収納

収納力がさらにアップしているのは、床から25cmの足元まで引き出しが付くようになったから。フロアコンテナフロアストッカーなどと呼ばれます。自然な姿勢でものを取り出せるメインの引き出しが25cmより上に作られるので、しゃがむ位置には使用頻度の低いものを入れる引き出しが作られました。

cleanupフロアコンテナシーズンだけ使う大きい鍋やホットプレート、カセットコンロを簡単に出し入れできる収納場所はとても便利だし、一定数ストックしておく缶ビールや保存食、消耗品もきれいに収まるとうれしいですよね。

 

食器洗い乾燥機をシンク下に設置するときの収納

食器洗い乾燥機をオプションで取り付けるとき、ほとんどのメーカーはシンクの隣の調理スペースの上段に設置します。これは、ワークトップに近いという点では使いやすいかもしれませんが、一旦シンクで水洗いする食器がワークトップの隅を横切ることになります。takara収納そして、食器洗い乾燥機を入れた残りのスペースには、半端に幅の狭い引き出ししか入れられません。

タカラスタンダードでは、食器洗い乾燥機はシンクの下に設置します。これなら水洗いする食器を最短距離で移動させることができます。

 

シンクの深さだけ低い位置にはなりますが、これは好みが分かれるところです。食器洗い乾燥機をよく使う場合は、どちらのほうが快適か、ショールームで動作を繰り返して確認したほうがいいかもしれません。takara食洗機設置

 

 

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Related Posts (YARPP)